PASTELのプラネタリウム

絵本作家・映像作家として活動するPASTELの創作日記です。
プラネタリウムの星のような綺麗に輝く落ち着いた空間を。
http://www.pastel-nova.com

Responsibility. 03:50
0



    ここ最近のことを簡単に説明します。
    どうも、PASTELです。



    まず6月1日から仕事が変わりました。
    理由を説明すると非常に長くなるので省きます。

    間髪入れずに環境が変わったので、
    心が着いて行ってない感じは凄いします。

    変な時間があると余計なことを考えたりするので、
    これくらいがちょうどいいと思ってる僕もいます。

    けどたまには何も考えない日も必要かな?
    常に思考回路の中で迷子になってる。

    言葉って難しくて、
    ここまでの文章だけみると、
    ちょっと愚痴っぽいけど、
    めっちゃ楽しいんですけどね(笑)

    目標にしてる人も出来ました。
    生き方や考え方をもっと知りたいと思える人。
    同じ男としても尊敬しています。

    もしかすると最終的に、
    結婚して誰かのために生きることにシフトしないと、
    理解できない部分も出てくるかも知れない。

    けど、望むところ。

    まずは今僕が出来ることをしないと。
    必要な知識と知恵をつけること。







    昨日はプロダクションのPV撮影でした。
    所属モデル・アイドルの個人PVです。

    朝から夜まで撮影。

    正直に言います。
    色々な方と撮影してきましたが、
    依頼をしてくる方の準備次第で
    撮影の質というものが大きく変わってきます。

    何が撮りたくて、
    どんなのがダメなのか。

    依頼してくる方の頭の中は見えない。
    あくまで監督は依頼者。

    今回の撮影は非常に良かった。
    もちろん提案してもらえれば、
    一緒に考えますしそれは大好きです。

    演出と構成の伝え方が上手で、
    本当に気持ちよく撮影が出来ました。

    外の撮影時も
    演者4名の撮影で、
    プロデューサーと僕。
    アシスタント2人。

    夜からはライブがあり、
    時間がなかった。

    だから、
    外の撮影はアシスタントに
    教えることができなかったため、
    完全に雑用になっていました。

    しかもこんなハードな日が、
    デビューとなった細見さん(笑)

    サブカメラを渡し慣れてもらうために、
    好きなように撮影してと任せる。

    恒平君はいつものとおりメイキング用の撮影を任せる。
    両者とも共通していたのが、
    荷物を持ってもらうこと。

    おかげで撮影に集中は出来ました。

    ただ、大丈夫かな?っとずっと心配でした(笑)
    特に初日の細見さんに対しては、
    右も左もわからないことだらけ。

    恒平君もまだまだ経験は浅い。

    ずっと前からブログにも書いていますが、
    僕は撮影に入ると周りが見えなくなります。
    場所移動に入ると初めて我に帰ります。

    だから、

    細見さんが大量の荷物を持ってることに、
    気が付くのもだいぶ遅かったりw
    即、荷物の重さをチェック(笑)

    けど今回に関して、
    本当に助かったのは事実です。

    現に映像チェックしてると、
    今までで最高のものが沢山撮れていました。
    二人の撮影した映像もだいぶ良かった。

    初心者がいきなり、
    一眼レフでの動画撮影ってのは難しい話。

    本当にありがとう。








      ※滅多に出さない撮影風景です。
    映っていませんが右側に演者さんが待機しております。










    ちなみにこの映像の場所で、
    別のお客さんにカメラがカッコいいとのことで、
    写真を撮らせてほしいと言われました。

    あまりに唐突だったので吃驚しましたが、
    素直に嬉しかったです。

    僕も自分のカメラは、
    カッコいいと思ってますよw

    結構撮影中に、
    声かけられるのも好きだったります。








    時間になり、
    次はライブハウスでの撮影。

    リハーサル中に店長と簡単な打ち合わせ。
    非常にいい場所を使わせていただき、
    本当に感謝でいっぱいです。

    ライブは何度も撮影してきていますが、
    撮影できる場所が命です。

    だからカメラ二台体制にしたわけです。
    本来なら三台が基本なくらいです。

    ライブって一度きりで、
    どこに行っても同じライブなんてできない。
    それくらいは当然です。

    ここで撮影の出番まで3時間程。
    ある程度の準備が完了して、
    二人にカメラのお勉強。

    初歩の初歩ですが、
    レンズの特性やフレームレートの特性など。

    恒平くんのメモ帳が不在伝票なのは笑った。

    ここでちょっと考えたんですが、
    ライブを見に来るお客さんの層のお話。

    店長さんに伺った内容や、
    過去の経験から、
    細見さんにサブカメラを任せることを中止。

    身長もあって男性である恒平君に任せる。
    最後方から望遠で撮影してもらいました。

    もちろん本番まで、
    被写体を関係のない出番の人を対象に練習。
    ピント調整から撮影モードの指摘。
    アップにした時のカメラワークや、
    引くタイミングなど。

    随分上手くなったと思います。
    ただ練習しすぎて本番いきなり、
    「メモリーカードがいっぱいです」の文字(笑)

    これは絶対しちゃいけないヤツですねw
    僕の管理不足でした。

    今回はすぐに対応できたけど、
    本来であればサブカメラの撮影中止を、
    すぐに指示していたと思います。

    僕が移動してメインの撮影も中断していたら、
    二次災害になってしまいます。

    常に臨機応変な思考回路も必要です。

    細見さんに関しては、
    「僕の目の届くところに居てください」
    と指示をしていました。

    これは最初に説明した僕の特性ですが、
    撮影に入ると周りが見えなくなるからです。

    ホームビデオカメラを、
    片手に隣に居てもらいました。
    何かあってからじゃ遅いですからね。

    恒平君がこの日来れてなかったら、
    あの状況だとメインを細見さんにお願いしてたかな?
    僕がサブの望遠で撮影してたと思います。

    それからは無事に撮影も終わり、
    映像チェックも終了しました。

    本当に二人ともよく頑張ってくれました。
    助けてくれてありがとう。


















    そんななか、

    撮影とは関係のない方たちが、
    次々出演してたんですが、
    1人可愛い子が出てきたので、

    「可愛いからちょっと撮る」って、

    恒平君の望遠で僕が撮影を開始(笑)
    まぁマイクのスイッチは、
    入ってなかったんですけどねw








     









    「北乃未宇」ちゃんです。

    恒平君と何歳に見える?って会話をしていて、
    僕は高校生くらいやと思うって話をしていました。

    恒平君は大学生くらいでしょ?って(笑)
    それくらい大人っぽい格好だったわけです。

    やっぱり15歳とのことで、
    高校生くらいした。
    あ、15歳って中学生!?w

    15歳であの表情が出来るのは凄い。
    いつか僕の作品にも出て欲しいものです。

    ちなみに映像は僕のTwitterの動画ですが、
    すぐに事務所さんからフォローしていただき、
    先程本人からもフォローしていただけました。

    反応があるって本当に嬉しいです。
    ありがとうございます。







    最後は三人でご飯を食べて、
    色々とお話をしました。

    撮影は連携が本当に大切です。
    連携は信頼がないとできない。
    信頼は自分のことを話すことから。

    少しでも相手のことを知る必要があって、
    監督でもある僕からそれはしないといけない。

    話せないことは話さなくていいけど、
    話せるなら話してほしいってスタンスです。

    会社や学校みたいに毎日会えるなら、
    ゆっくりでいいんだろうけど、
    月に数回しか会わないなら、
    ひとつひとつ会える日を大切にしないと。

    正直、次会える保証なんてどこにもない。



















    今年で2回。
    パワーストーンのブレスレットが千切れました。

    物理的な要因でも、
    気持ちのいいものではありません。

    1回目の理由はもう痛いほどわかってる。
    2回目の理由がよくわからない。

    それを先週の顔合わせで話をしていたら、
    この撮影日に細見さんが、
    ブレスレットを持ってきてくれました。



















    とても大切なものらしく、
    僕に持っていて欲しいとのこと。

    久々に嬉しいプレゼントでした。

    今年2回も千切れてるので、
    凄い千切れる予感しかしなかったんですが、
    つけてみると今までのものとだいぶ違う。

    僕はロマンチストです。
    だから絵を描いてたり、
    映画を創ったりしています。

    僕のブレスレットが千切れた2回目の理由は、
    このブレスレットと出会うためだったのかも知れません。

    そんな考え方が好きなので、
    これでいきます!(笑)







    最近、「ありがとう」が増える。
    恩を恩通りに返せる自信がない。

    だから今は伝えられることだけは、
    しっかり伝えていきます。

    後悔だけはしたくないから。











    よし、来週は映画撮影の準備!
    細見さんのサブカメラの勉強会。

    とりあえずコラボショートフィルムの、
    メインビジュアルだけは公開します。

    もう少々お待ちを。




     
    | - | comments(0) | - | posted by PASTEL -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>
    Copyright(C)2014 PASTEL NOVA All Rights Reserved.