PASTELのプラネタリウム

絵本作家・映像作家として活動するPASTELの創作日記です。
プラネタリウムの星のような綺麗に輝く落ち着いた空間を。
http://www.pastel-nova.com

嬉しかったことと辛かったことと。 12:31
0

     

     

     

    嬉しいことがふたつ。

    たまにの話なので少しだけお付き合いください。

     

    まずは我ら「RE:PNTV」のスタッフ細見ケイコが、

    自分で撮影し編集する記念映像の製作に着手。

     

    本来、こちらの仕組みとしては

    編集以外のすべてのこと(企画・撮影)など

    それら全部を実施した際に

    肩書が「サポートディレクター」に

    変わる仕組みなのですが、

    編集まで自分でするという本当に頑張り屋さんです。

     

    もちろん僕が編集は手伝いましたが、

    あくまでフォローやアドバイスのみ。

     

    基盤は細見が全て整えています。

    少し怖いのは僕よりもセンスがあるというところ。

    飲み込みが早くすべて理解してくる。

     

    僕はあまり褒めないですが、

    努力する人や頑張る人はとことん褒めます。

     

    結果ばかり見てる人は、

    そこにどれだけの努力や頑張りがあったかなんか

    まったく気にしない。

     

    要は結果が出るなら努力しなくてもいいってこと。

    ってことはそれ以上成長もない。

    あくまで現状維持の挑戦さえ忘れた思考。

     

    先に見る結果なんてどうでもいい。

    過程の部分が本当に大切で、

    かならずその部分を重視していれば、

    吃驚するくらいの結果が付いてくる。

     

    例えるならば、

    お風呂に入って温まるのが「結果」とするなら、

    シャワーでも湯船に浸かるのとどっちでもいい。

     

    ただ僕は違います。

    シャワーなら表面上だけ温まる。

    けど湯船だと体の芯から温まる。

     

    過程が違えば結果の重みも変わってきます。

    そんな感じです(笑)

    伝わったかな?w

     

    今回、

    その記念映像作品のデータが送られてきました。

    僕のアドバイスはしっかりと押えて

    なおかつ自分のアイデアを余すことなく投入。

     

    いい意味で、

    細見らしさいっぱいの作品でした。

    作品はその人の心が出る。

    まだ初めてなので綺麗には出ていませんが、

    その断片でも見えてくれば上出来。

     

    いま出来るすべてのものを注いだって感じで

    僕は本当にうれしかったなぁ。。

     

    僕自身、

    心身ともに疲労困憊ですが、

    元気が出たのでブログなんか書いてます(笑)

    たまにはね。

     

    一時は壁にぶつかって立往生。

    どうなることかと思ってましたが、

    やっぱり頑張り屋さんは違う。

    乗り越えるだけじゃなく加速した。

     

    褒めすぎもあまりよくないので

    ここらへんにしておきます(笑)

     

    今回の記念映像作品は、

    職場のお別れする方へ製作したもの。

    なので公開は出来ませんが、

    公開できる細見の監督した作品を

    また企画したいと思っております。

     

    その際は是非、

    ご視聴していただければと思います。

     

     

     

     

     

     

     

    さて、もうひとつのいいこと。

     

    これは今の僕の職場のお話です。

    深い話はできませんが、

    残業と休日出勤続きで毎日が本当にキツイ状態です。

    次から次へと人が辞めています。

    疲労で救急車にも運ばれています。

    深刻です。

     

    そんななか一人のベテランのわがままで、

    僕は心を使い過ぎました。。

     

    正直、悔しくて泣きもしました。

    こんな人間って本当にいるんだなって。

     

    現在進行形で辛いのは事実です。

    けど逃げたところで何も変わらない。

     

    このベテランが来るちょっと前にも

    暴力事件があって暴力を加えた側が

    援護される意味のわからない組織。

     

    それでもだいぶ心を使っていました。

    僕は断固として被害者を援護します。

     

    心身ともに疲れていることを心配してくださり

    先輩から飲みのお誘いをいただきました。

     

    「そんな最悪な状況なのにそれでもフォローお願いしてるのが申し訳ない」って。

     

    たぶん年明けになるかと思いますが、

    気にしてくださってるだけで、

    本当にうれしかったです。

     

    ただ僕が一番気がかりなのが

    いつも笑顔でムードメーカーの先輩が

    そのベテランの標的になってること。

     

    かなり大変そうで、

    もうほとんど笑顔を見てない。。

     

    ここで色々と僕自身学習してることがあります。

    それはチームの代表としてもそうですが、

    人をまとめるのに大切なこと。

     

    「することして言うことを言う」ことと、

    「怒り方」じゃないかなって。

     

    正論ばかりだと人の心は離れていく。

    そんな言葉を聞いたことがあります。

    人の心は情で動く。

     

    簡潔に要点をまとめて怒る。

    怒られてる方はもうわかってるんだよ。

    わかっていてもミスをしてしまうこともあるって。

    人間だもの。

    それをえぐるのはよくない。

     

    そんなことを理解できました。

    要は反面教師です。

     

    こうやって自分の正義や器を大きく成長させていく。

     

    「過ちを改めざる。これを本当の過ちと言う」

     

    間違っていれば、

    それに気が付いて直せばいい。

     

    間違っているのに、

    それを直そうとしないことが、

    本当の間違い。

     

    いま本当に辛い心境で働いていますが、

    僕が成長できるいい機会です。

     

    大切なものを大切にする方法も教わりました。

     

    この嬉しかったふたつの事柄を大切に、

    このブログを機に大きく変化出来れば、

    僕自身もチーム自身も大きくなれる。

     

    ちょっと書きたいことが多すぎて

    でも夜勤明けで頭が回ってなくて

    なんかあれなんですが

    その点だけご了承ください(笑)

     

     

     

     

     

    さて、また明日からも頑張れそうです。

    感謝。

     

     

     

     

     

    | - | comments(0) | - | posted by PASTEL -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>
    Copyright(C)2014 PASTEL NOVA All Rights Reserved.